手術が怖くて…

ひざの痛み 解消

人工関節「単顆」置換法は、関節の一部を金属製の人工関節に置き換える「部分置換」であり、要するに「インプラントを膝の内側に置く」方法である。これが私たちがUKAと呼ぶものです。人工関節の手術は、歯科医が腐った歯を切って銀歯や偽歯を入れる方法に似ています。人工膝関節の全体を置き換える「総義歯」を部分的に置き換える「部分義歯」の方法があります。
部分置換は「部分義歯」に似ていますが、健康な膝を離している間に悪い場所だけを交換することができます。
古い部分交換人工関節は長く続いておらず、あまり普及しなかった。また、膝の変形の進行状況によっては、部分置換が適切であるか全置換が適切であるかを判断することが困難であり、これまで明確な診断基準が見出されていないため、残念なことに、それが出てこないケースでした。
しかし、医師や人工関節メーカーの努力のおかげで、人工関節の医師の教育水準と人工関節の質は過去10年間で大幅に改善されました。最新の研究では、部分置換手術は患者の体にとって負担が少なく、機能と耐久性に非常に優れていることが証明されており、自然な膝の動きや感覚を残しています。例えば、全置換の場合、術後疼痛は3ヶ月から6ヶ月間持続するが、部分的置換はしばしば1ヶ月間も起こらない。
しかし、一般的には、膝の内側だけで手術ができる部分置換を知らない人が増えているようです。手術の部分的な操作で活力を与えられた人が偶然で、「私もそれもできますか?」という診療所に来るケースはほとんどありません。
部分義歯や挿入歯を用いた総義歯の選択と同じですが、部分置換のみが唯一の症状ですが、全置換を選択しています。私の骨を無駄にするのは無駄です。部分置換は60年代初めから可能であり、患者の90%は約15年間、注意を払わずに続くと言われています。膝の摩耗が内側を超えて膝に広がると、全置換手術しか行うことができません。その意味では、膝の痛みをあまりかけないで専門家に相談することも重要です。